杜氏と杜氏のつくった酒を飲む

2015.11.01

昨夜は竹鶴酒造の杜氏さんと一緒に酒を飲みました。

竹鶴酒造のお酒を飲んだ事もなければ、僕は名前も存じていなかったのですが、ゆっくりとお話しをさせていただきました。

Wikipediaで調べると広島県にあるこんな酒蔵

ニッカウヰスキー創業者、竹鶴政孝の生家として知られ、建物は2014年9月から放送を開始した政孝をモデルとしたNHK連続テレビ小説『マッサン』に登場する「亀山酒造」のロケ地となった。

もちろん杜氏とあれば麹作りの話しを聞きたい!

江戸の酒づくりの話しから、古い文献の解釈などなど、杜氏のつくった酒を飲みながらのなんとも贅沢な時間ですが、麹作りがどうとか言うことではなく作り手の情熱と勉強量、そして深い哲学にただただ酔いしれたのでした。

酒の弱い僕はかなり酔っ払いでしたけど、その中でも印象に残っている話しが2つありました。
愛知県ほど酒、醤油、味噌、味醂、酢の昔からの醸造蔵があるところは全国的にないと。

それをアピールするべきだと。

料理を作る人も外を見て勉強しに行くよりも、足元にある熟成された文化を引き出し掘り起こした方が全国から世界からみてもより個性的で厚みのあるものができるのではないかと僕も思います。

もう一つは、酒づくりはエロスだと。

酒づくりエロス論。

これが一番盛り上がりましたが、詳しい内容は原稿用紙200枚くらいあるようなので。。。

本当に楽しくて勉強になった夜でした。

      

   
   

2 / 212